そーだいなるらくがき帳

そーだいが自由気侭に更新します。

MySQLの0000-00-00 00:00:00は使ってはならない

結論

色々困るので使わない。

理由

以下に理由を述べる

SQL標準ではない

正論で殴った場合。

0000-00-00 00:00:00の仕様が難しい

0000-00-00 00:00:00MySQLの独自な仕様で NOT NULL制約のカラムではNULLと等価であり、NULLではない という仕様がある。

この仕様を知らないと意図しない結果を取得することになる。

ORMなどが対応してない

アプリケーションを作る時、ORMだったりDatetimeオブジェクトを操作することはよくあることだ。 しかし 0000-00-00 00:00:00 に対応していないことが多く、不正な値として扱われる。

DB移行で困る

なんらかの理由でMySQL以外のRDBMSに移行しようとした時、 0000-00-00 00:00:00 をサポートしていないことで値の修正が必要になる。 具体的な例だとMySQLからPostgreSQLにデータを移そうとした時にerrorでコケる。 AWS DMSもFDW for MySQLもそこを意図してないので自分で値を修正してやる必要がある。 なかなか異種間DB移行はないかもしれないけど、いざ必要となった時にめちゃくちゃ困る。

まとめ

せめてNULLだったり 0001-01-01 00:00:00 を使いましょう。

って7年前の俺に言いたい。

追記(2018/05/14)

MySQLの 0000-00-00 00:00:00 は使ってはならない - そーだいなるらくがき帳

zero date問題はMySQLerにはあるあるネタだけど、SQLモードでzero dateを禁止できるんで、SQLモードにも触れて欲しかった。5.6からデフォルトでNO_ZERO_DATE, NO_ZERO_IN_DATEモードがONになっている。

2018/05/14 17:06
b.hatena.ne.jp

nippondanji.blogspot.jp

SQLモードを正しく設定していればこの問題にはぶち当たらないのでSQLモードはちゃんと kamipo TRADITIONAL を使うべし。

www.songmu.jp